東京・大阪を中心にグレーゾーン金利の返還・過払い請求の無料相談お受けします

過払い金

過払いの疑いがある方はまずご相談を

本来、払う必要のない金利まで支払ってしまう、それが過払い金です。消費者金融や信販会社などでキャッシングを利用されている方の多くが、この事実を知らずに過払い請求に応じてしまっているのが実情です。返済期間が5年以上で、金利が20%を超えている方は過払いをしている可能性がありますので、無料相談して頂くことをお勧めします。返済に5年以上掛かっていたが、既に返済を終えてしまったという方も過払い請求の返還対象になる可能性もありますので、必ず確認してみてください。泣き寝入りをしてしまっては貸金業者の思うツボです。
東京・大阪を中心に全国からのご相談に対応しております。

過払い金が発生する仕組みとは

過払い金を当たり前のように請求されて実際に多く支払ってしまっている人がいます。借金をした人が黙っていれば貸金業者は儲かる一方ですね。でも、そんなことがまかり通っていていいのでしょうか?そもそも、なぜ過払い金などというものが発生するのか、その仕組みを解説してみます。

 

金銭の貸借の利息については、利息制限法をいう法規があります。これによると、元本10万円以下の貸借に対しては上限20%の金利という風に制限されています。(10万円~100万円:18% 100万円以上:15%)が、実際に貸金業者が課している金利はこれよりも圧倒的に高いものが多いのです。

 

上図の様に、29.2%以下の金利に関して、貸金業者は罰せられないので上限ギリギリまで金利を上乗せされている可能性があるのです。利息制限法で定められた割合以上、29.2%以下の金利を法律的な観点を皮肉ってグレーゾーン金利と呼んでいます。このグレーゾーン金利に関しては、弁護士や司法書士を通して交渉することで返還請求に応じることが多いですので、過払いの可能性のある方は是非、一度ご相談下さい。

現在地:トップページ過払い金